ふれあい人間力育成セミナー(2)

<現代社会の問題点>

 人生には病気や障害に苦しむことばかりでなく、人それぞれに悩みや心配事があるものです。一人で何とかできる問題であればよいですが、社会との関係で解決の方向が見い出せない課題も多くあります。

 子供達の置かれている状況はどうでしょう。原因は様々ですが、結果として不登校・引き篭もり・ニート、家庭内暴力・我慢できないで直ぐにあきらめてしまう、倫理道徳や礼儀の欠如、コミュニケーションが苦手で他人と関係がもてない等、生活を巡る諸問題が山積し、身体・精神的な症状として現れている子供達も少なくありません。勿論、これらは子供達に問題があるわけではなく、虐待をこうむる家庭環境・地域崩壊や学校教育の脆弱化・ネット社会での関係不信・夢や希望の描きにくい進路等、社会的・時代的な現象が大きく影響していることが背景にあるでしょう。

 それは子供達ばかりではありません。仕事がなかったり、役割を失うことによる自己否定、家庭や社会で居場所がない、金銭や病気の問題で解決の糸口が見い出せない大人も多くいます。そのことで自らの命を絶つ場合も少なくありません。

 人生には悩みや心配事はつき物でしょう。完璧な状態などあり得ないからです。しかし、あなたにとっての問題が大き過ぎると自己否定につながり、前向きな考えで人生を豊にすることができなくなってしまいます。このような状況に対して、自分の経験や研究を活かし、何か協力できないか考えてきた結果「ふれあい人間力育成セミナー」をスタートさせる結論に行き着きました。

このページの先頭へ