星野有史/福祉教育活動家の歩み

天使犬ウィが本を読んでいるイラスト

<病気で光を失う>

  • 1963年、さいたま市(旧浦和市)で生まれる。
  • 小学校では硬筆・毛筆展覧会、美術展覧会受賞、児童会・音楽隊で活躍。
  • 中学校では野球部に所属して活動した。
  • 1977年、中学2年生(14歳)の時に原因不明のベーチェット病にかかり徐々に視力が低下。
  • 1980年、埼玉県立盲学校高等部2年生(17歳)で全く光を失った。

このページの先頭へ

<福祉を学ぶ>

  • 1982年、明治学院大学社会学部に入学。
  • 福祉の勉強と共に、吹奏楽部でコンクール・演奏会等4年間活動。
  • ケースワーカーの相談職を希望したが障害者雇用の壁にぶつかり断念。
  • 1986年、明治学院大学大学院博士前期課程に進学。
  • 日本社会福祉学会会員、日本ソーシャルワーカー協会会員。
  • 1988年、明治学院大学大学院博士前期課程を修了。
  • 社会学修士学位、中学校・高等学校教諭1級普通免許(社会科)取得。
  • 1988年、帝京高等看護学院非常勤講師。

このページの先頭へ

<アイメイトと歩行を始める>

  • 1989年、明治学院大学大学院博士後期課程に進学。
  • この年よりアイメイト(盲導犬)ミントと歩行を開始。
  • 東京医療福祉専門学校、湘南医療福祉専門学校で非常勤講師を勤める。
  • 1992年、結婚、その後、4人の子供に恵まれる。
  • 1993年、明治学院大学大学院博士後期課程単位取得による満期退学。
  • 1995年、「星野福祉教室~ふれあい福祉セミナー」を開設。
  • ボランティア普及と福祉教育をスタート。
  • 同年、「夢をくれた盲導犬」(ポプラ社)を出版

このページの先頭へ

<学校で福祉を教える>

  • 1997年、早稲田速記医療福祉専門学校介護福祉科専任教員。
  • 同年よりアイメイト(盲導犬)キースと歩行を開始。
  • 1999年、「しっぽのはえたパートナー」(法研)、
    翌年、「盲導犬ミントの子守歌」(ポプラ社)を出版。
  • 2000年、埼玉女子短期大学兼任講師。
  • その他、早稲田速記医療福祉専門学校社会福祉科、後に医療秘書科兼任講師。
  • 2003年、「これからの福祉心理学」(北大路書房)を共同執筆。

このページの先頭へ

<福祉教育活動家として活躍>

  • 2005年、ホームページにおいて「ハーネス・ウィ」のモデルを発表。
  • 独自の福祉教育とブログを更新。
  • 2006年、アイメイト(盲導犬)マリアと歩行。
  • 2008年、講演依頼.com、システムブレーン、講演.comへの講師登録。
  • 同年、「盲導犬キースのヒト観察記」(相川書房)を出版。
  • 2010年、フリー。福祉教育活動家(ソーシャルワーカー)として活躍の場を広げる。
  • 2012年、トレーナーズに講師登録。
  • 同年、「患者・看護論」(建帛社)を共同執筆。
  • 2013年、「まぐまぐ!」より、有料メルマガ「福祉教育活動家~星野有史のメルマガ人間講座」を発行。
  • 2016年、DMM講演依頼に講師登録。この年よりアイメイト(盲導犬)シータスと歩行を開始。
  • 現在、「ハーネス・ウィ研究所」の代表講師として執筆、研修・講演会等、幅広い分野で活躍中。

人権講座の写真
人権講座の写真

このページの先頭へ