学習支援事業の概要(1)

 平和と民主主義社会の原理、人生の質を豊に彩るための福祉教育について研究し、その実現に向けた活動として「ハーネス・ウィ研究所」では、二つの学習支援事業を柱に運営しています。

<ふれあい人間力育成セミナー>

 人生には色々な悩みや心配事があるものです。それは病気や障害、いじめ、金銭的な問題であったり様々でしょう。そのことが原因で学校や仕事に行けなかったり、生きる価値さえ見失い命を絶つ人も少なくありません。このような状況に対して福祉教育の立場から、生きる力を育み、新たな道を切り拓いていくための通信制セミナーです。これには三つの教室があり、そこでの学習を進めていくことで、豊かな関係性を築くために必要な“ふれあい人間力”を育成します。

教室1「ひとりひとりの幸せ相談」

 相談という場面を通して、あなたの人生に向かい合います。生きる力を育むための学習プランで人間力を養い、新しい幸せにつながるドアを見つけていきます。

教室2「みんなのハーネスラーニング」

 星野有史オリジナルの教材を用いて、あなたの課題を深めていきます。コミュニケーションの方法やキャリアアップに対する具体的方向を見い出し、心のハーネスを自覚できる人間性を育みます。

教室3「共生文化メッセージ」

 あなた自身の経験や学習の成果を記録にまとめます。手記やエッセイ、作文・小論文の課題を通して論理的思考力を高め、自己存在の証と社会に対する共生モデルの発信とします。

 ‘ジュニア研究生’‘シニア研究生’と年齢に応じた対応をしていくことで、個人のニーズに合った学習としていきます。学生の場合、問題によっては「フリースクール」の役割があり、また社会人向けの内容では、ピアカウンセリングのように同様の状況にある人達の支援ができる教育に努めていきたいと考えています。

このページの先頭へ