ハーネス・ウィ研究所へようこそ(1)

天使犬ウィのハーネスを握る子供達のイラスト

 「ハーネス・ウィ研究所」へようこそ。ここでは研究所の特色について説明します。

<研究所の特色>

 「ハーネス・ウィ研究所」は研究所と位置づけていますが、狭義の研究機関というよりは、スクールといった色彩が強く、福祉教育を通して平和と幸福を実現する原理を追求しています。そこでは仮説を検証していくような方法ではなく、研究生と共に学び、機能的なアプローチを通して原理を見い出すことを狙いとするものです。そのため受講者は生徒と呼ぶのではなく、研究所内に位置する考えから“研究生”と呼び、ともに福祉を追求するパートナーを育てるという解釈を取っているのも、他の機関とは異なる理解でしょう。

 こうした考えに立つ研究所の特徴は、あなたが直面する悩みや心配事、生活問題を取り上げ、そこから自己成長・福祉コミュニティの実現を目指す教育にあります。そこでは課題に向かう研究生を心理・精神的な患者として捉えるのではなく、社会の関係や生活の中で進むべき道に迷っている状態、自分の潜在力にまだ気づくことができていない等、可能性を秘めた人格者としての理解です。病院で診断を受けていても、どんな障害があったとしても、幸せになる権利は誰にでもあるといった社会福祉の考え方です。今の状況を受け入れ、そこから新しい生き方を見つけていきましょう。

 私的な研究所ですが、基本的には場所や規模が問題なのではなく、拠点とできる機能が備わっているかどうかであると考えています。その点でインターネットを通した研究所の活動は、多くの人達に研究所を知ってもらえるばかりでなく、病気や障害で制限がある人の他、全国からアクセスしやすい環境を整えることができました。また、研究所のキャラクターとして天使犬ウィを研究生のサポーターに位置づけられたことも、オリジナリティを明確にする大きな特色です。

このページの先頭へ